天秤

資産の残し方

ジャッジガベルと本

全国的に見ても土地の価格が高い世田谷に居住または世田谷に土地を保有しているとなると、相続税は免れません。近年相続時の基礎控除が5000万から3000万に、1人の控除が500万から300万に減少した事でさらに課税対象が増える上、一般のサラリーマンでも世田谷であれば十分相続の課税対象となります。さらにこの控除の引き下げで世田谷以外でも対象となる可能性があります。そこでポイントは遺族間でもめないように準備をする事です。相続の場合は弁護士と税理士、2つの士業に依頼をする必要があります。弁護士は相続前は遺言の作成が主な業務となります。発生後は遺産分割協議書の作成、金融資産の名義変更、遺留分減殺請求が主な業務となりますが、何よりも遺族間でトラブルにならないようにアドバイスを行います。特に相続は知識でなく経験や実績が重要ですので、依頼をする場合は相続を専門に取り扱う弁護士を選ぶ必要があります。また税理士は様々な税の優遇措置や控除を利用して最大限税金を減らす取り組みを行います。この税理士も経験が非常に重要で、相続専門の税理士に依頼をする事で支払った税金がかなり戻ってくるケースも散見されます。弁護士や税理士、どちらも費用はかかってきますがトラブルにならずに円満にさらに税を取られすぎずに解決するには非常に重要な存在です。いつ起こるかわからない相続ですが、事前に弁護士・税理士に相談をして出来る限りの準備をしておく事が大切です。