天秤

家族に依頼する財産管理

家族

制度を利用するためには

財産管理の手段に信託という手段がありますが、特に信託の管理者を家族に限定したものを家族信託といいます。仕組みとしては、資産を持つ人が、特定の目的に従いその保有する不動産、預貯金などの資産を信頼できる家族に託して、その管理や処分を任せるというものです。以前はこのような管理は弁護士や信託銀行などが行っていましたが、相応の費用が発生するのに対して家族信託では家族や親族に託すので明確な費用が発生しません。一方で家族信託を依頼する場合には、信頼できる家族や親戚であることが条件です。また成年後見や遺言でなければ行えないこともあります。またあくまでも任意の信託であるため税金に対する優遇措置がありません。このため利用できる人は限られますが、それでも財産管理の選択肢になりえます。家族信託を行う方法としては3つの方法があります。そもそも家族信託では委託者、受託者、受益者の3者からなりなっています。委託者とは財産管理を依頼したい人で、受託者はその財産管理をする人です。さらに受益者はその財産管理を行うことで利益を受ける人です。この際に委託者と受託者は同一人物である場合もありますし、その他の親族の場合もあります。契約方法は生前に信託契約や死後に行う場合には遺言によって、受託者に対してその財産管理を認めることを公的な書類で残す必要があります。これらの書類によって受託者は財産を管理することが可能になりますし、また委託者も内容に沿って管理を依頼し、また履行されない場合に法的な対処が可能になります。